投資を始めるなら知っておきたい情報.com

投資を初めて間もない方、投資に慣れて自分で色々考えて出来るようになった方、投資にチャレンジしてみたいがどうすればいいかわからない方、そんな方たちへ向けての投資の心構えや情報を当サイトで紹介します。

大日本印刷やアキレスへの投資は新事業に注目します

株式投資をする際に注意するのは企業のイメージにとらわれ過ぎないことです。例えばアキレスの場合、会社名もそうですが、子供が速く走れるということで大々的に有名になった靴の印象が強いですから、作っている製品が靴だけのように思ってしまいがちです。しかしアキレスの事業は他のジャンルも多いですので、もしアキレスの株を買って投資しようかという場合は、他の事業もひと通り抑えなくてはいけません。どういう事業がありそれは今後の見通しはどうなのかをすべて網羅し考慮しなくては不十分だからです。例えば床材です。アキレスが今力を入れていますのが耐久性や耐薬品性にすぐれた床材です。これは病院のような医療関係にニーズがあります。結露に強い壁材も手掛けています。このようにアキレスではその技術を生かして多方面の製品を開発していますから、こういった事業にも注目していくことが必要になります。ところでアキレスは2016年の10月1日から10株を1株にする株式併合を行ないました。これは企業の側にとりましては株数が減る分株価が向上し格が上がるメリットがあります。株主優待はこれまで1000株以上の保有者が条件でしたが、これからは100株で読み替えますのでとりあえず支障がありません。なお今後すべての上場企業で売買が100株単位になることが決まっています。イメージにとらわれないべきという点では大日本印刷も同様です。本の印刷という印象が強いですが、現在ではマイナンバー関連やスマートフォンに用いる生体認証など様々な新事業に取り組んでいます。特に大日本印刷では広い社有地が注目の的です。2018年までの予定で大規模開発中でして、この資産の分株価にも大いにプラスの影響を与えています。